こんなものいらない

あって当然だと思っているが、よく考えるといらないもの、ない方が生活の質が向上するものを挙げていきます。

我々は雨が降ると、傘を持って外出するが、一体何の役に立つのだろうか?

土砂降りの雨の中では、100メートル歩けば、下半身と荷物はずぶ濡れである。頭部と上半身だけしか守れない。もう少し雨量が少ない場合でも、1kmも歩いたらやっぱり下半身と荷物はずぶ濡れである。

つまり、傘を持っても、雨から衣類や荷物を守ることはできない。

デメリットは数多くある。片手がふさがってしまって荷物を持てなくなる、手が疲れる、風に弱くなる。傘を持っていたら、長距離を歩くことはできない。

陸自が雨の日に傘をかぶって行軍するか?しないじゃないか。傘は長距離の歩行には不要なのだ。

傘は持っているとちょっと楽しい。きれいな傘はファッションである。実用品ではない。
傘はいらない。雨の日に外出するなら、陸自にならって、ポンチョをかぶるべきである。

f:id:inoue04:20150707174458j:plain