こんなものいらない

あって当然だと思っているが、よく考えるといらないもの、ない方が生活の質が向上するものを挙げていきます。

社会人

社会人ってなんだろう。

よく使われる言葉でありながら、意味がはっきりしない。

  1. 働いている人
    学生でも働くし、失業者や主婦や引退した老人は社会人ではないのだろうか。
  2. 大人
    中卒高卒で就職している人は社会人ではないのか?
  3. 会社に就職した人
    フリーランサーは社会人ではない?

社会人とは、新卒採用した新入社員に対して、「社会人はかくあるべし」という文脈で、学生気分を払拭させるための単語だ。それ以上の意味がない。

しかし、学生ってそんなに気楽だっただろうか?

学生には定期試験があったり、数年後には進学したり就職したりしなければいけない。学生とは、判決を待っている被告のようなものだ。身分が不安定でり、不安である。それに加えて、十分な所得がない。誰かから金をもらって口を糊している。

「学生気分」は、昔を懐かしむ中高年の心の中にしかないんじゃないか。「社会人なんだから」なんてことを、殊更言う必要はない。