こんなものいらない

あって当然だと思っているが、よく考えるといらないもの、ない方が生活の質が向上するものを挙げていきます。

高校

高校は、いらない。

損得勘定だけを考えれば自明だ。

高校は義務教育ではないし、高等学校卒業程度認定試験にパスすれば、就職や進学では高卒と同等となる。

高校は試験だけで卒業したことになるのだから、学校へ行くことは全く無駄なことだ。無駄でも、自分の楽しみのために通う権利はある。しかし、そんなことをして、時間と金を浪費していたら、ふつうの能力の人は、競争に勝てないだろう。

先天的な能力は変更できないし、後天的な能力は時間と労力で補うしかない。