こんなものいらない

あって当然だと思っているが、よく考えるといらないもの、ない方が生活の質が向上するものを挙げていきます。

バラン(弁当の中の緑色の仕切り)

f:id:inoue04:20150813035211j:plain

弁当の中に入っているこの仕切は、「バラン」と呼ぶのだそうだ。外来語のようだが、対応する言葉は外国語にはなく、日本語である。

Wikipedia

寿司などの食品に付属する緑色のプラスチック装飾品をハランまたはバランというが、これはハランを真似て作ったプラスチック製のものを人造ハランと呼んだのが起源である。前に「人造」が付くため「ラン」が濁音化して人造「ラン」となり、「人造」が取れて短縮された結果である。

そのような経緯から正式にはバランという植物名は存在しないため、多くの図鑑はバランを別名として認めていない。植物名やプラスチック装飾品に「馬蘭」(ばらん)の漢字を用いる俗称があるのも、このような過程でバランという呼称が発生した後付の当て字である。

 

語源はともかく、「バラン」が何の役に立っているのかまったくわからない。Webには、食材の配置が崩れたり、色や味が隣の食材にくっつくのを防止するために入っているのだという説明があるが、必要を感じない。むしろ、弁当の中からバランを引き抜いて捨てる手間が必要になり、めんどうくさい。ゴミも増える。廃止してほしい。