こんなものいらない

あって当然だと思っているが、よく考えるといらないもの、ない方が生活の質が向上するものを挙げていきます。

リビングルーム

建売や賃貸の住宅の大半にはリビングルームがある。

住宅面積の3割から4割を占めるのに、何のためにあるのかよくわからない空間だ。

大型テレビとソファとテーブルが置いてあって、ローテーブルには何かごちゃごちゃとものが詰まっている。

しかし、そこでくつろぐ家族はほとんどいない。ダイニングテーブルで食事をしたら、さっさと個室に戻って、好き勝手なことをやっている。

住宅にリビングルームが必要だという発想そのものが間違っているのだ。

リビングルームはいらない。

亡くなった建築家、宮脇 檀氏の提言だが、いまだに正しいと思う。

www.amazon.co.jp