こんなものいらない

あって当然だと思っているが、よく考えるといらないもの、ない方が生活の質が向上するものを挙げていきます。

アンチウイルスソフト

Windows10には、Windows DefenderというMicrosoft謹製のアンチウイルス機能が入っている。

ところが、大半のパソコンには、これに加えて、サードパーティ製のアンチウイルスソフトが入っている。マカフィーカスペルスキーノートンウイルスバスターなどだ。

セキュリティソフトの比較表 2017 - the比較

これらはすべていらない。

パソコンのCPU占有率を上げ、パフォーマンスを落とす役にしか立たない。常駐するので、他のソフトと干渉をおこして、動作をおかしくする。

新しいパソコンを買うたびに、無駄で有害な添付ソフトをアンインストールする手間がかかり、非常に困っている。「不要」ではなくて「有害」なわけだ。

その上、一定期間がすぎると、アップデートできなくなり、有償で契約するように求められる。これもいささかめんどうくさい。

Microsoftがサポートを継続する限り無料のWindows Defenderでほぼ十分なのである。