こんなものいらない

あって当然だと思っているが、よく考えるといらないもの、ない方が生活の質が向上するものを挙げていきます。

ゆうちょダイレクト

ゆうちょ銀行のオンラインバンキングサービスである、”ゆうちょダイレクト”の使えなさはすごい。

  1. ログインネームが三分割数字列で、ブラウザのオートフィル機能が使えない(図1)
  2. 入出金明細の照会可能期間が極端に短い。過去2ヶ月かつ未記帳分しか見れない(図2)
  3. 口座に動きがあったことをメールで知らせる機能はあるが、入金時に知らせてくれるだけで、出金時には何の通知もない(図3)

最大の問題は2だ。口座の動きをオンラインで即座に見れることがオンラインバンキングの最大の強みなのに、その機能が極端に弱い。
最近になって始まった”ゆうちょダイレクトプラス”は、通帳レスにしたからオンラインサービスが良くなったかといえば、大して良くなっていない。照会可能期間が過去2ヶ月から15ヶ月になっただけだ。
入出金記録は、数行のテキストコードでしかないのだから、こんなものを保存しておくことは、今のコンピュータの能力なら、ほとんどコストがかからないはずだ。他のオンラインバンキングはこれほどひどくない。たとえば、

入出金明細の照会可能期間拡大について|住信SBIネット銀行

は、照会可能期間が無制限である。

図1

f:id:inoue04:20170521011102p:plain

図2

f:id:inoue04:20170521010222p:plain

図3

f:id:inoue04:20170521010906p:plain