こんなものはいらない

バカを批判することを通じて、社会を進歩させたい

分別ゴミ回収

ゴミの回収の種別が無闇に細かい。

「燃やせるゴミ」「有害ごみ(蛍光灯、電池など)」に加えて、「燃やせないゴミ」「古紙ダンボール」「金属ゴミ」「容器プラスチック」まで分別するようになった。

各自治体は法律に則ってゴミを処理しているのだろうが、まったく合理的ではない。

「燃やせないゴミ」という区分がよくわからない。かつて社会問題になった塩素系プラスチックを燃やして生じるダイオキシン類の毒性は、健康被害が生じる水準ではない。その上、塩ビを分別しても、同じ焼却炉でのダイオキシンの生成量にはほとんど変化がない。塩ビでも食塩でも、塩素を含むゴミを燃焼させれば、温度によっては、ダイオキシン類はできてしまう。

「古紙ダンボール」「金属ゴミ」に至っては、専門回収業者がいる。価値のある資源ごみは、彼らが巡回してきて、適切に分別して回収してくれる。公費を使う理由がない。

「容器プラスチック」は、分別回収しても、資源としては使い物にならない。リサイクルに使われる労働力と資源が無駄になる。

政府が公費を使って回収すべきなのは、再利用価値がない、「燃やせるごみ」と「有害ごみ」だけだ。

ダイオキシン騒動のため、かつては庭や農地で野焼きしていた農業資材や落ち葉の類まで、焼却炉まで運んで燃やすようになった。運搬のために、燃料が浪費されている。延焼による火災の危険さえ注意するなら、野焼きで十分である。 

Amazon.co.jp: ごみは燃やせ リサイクル神話の呪縛を解く、ごみ焼却の経済学: 立石 勝規: 本

Amazon.co.jp: ダイオキシン―神話の終焉 (シリーズ・地球と人間の環境を考える): 渡辺 正, 林 俊郎: 本